妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金

妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP1初診費用

妊活費用ってどれくらいかかると思いますか?
普通に自己流で行うなら、サプリ代や排卵検査薬代程度ですが
やはりしっかりとやるなら不妊治療を受けたりと通院も必要になってきます

 

治療が高度になるほど、妊活費用は高くなりますので
費用についてもある程度、理解しておくほうがいいでしょう

 

以下は、妊活の為に病院に通った場合の金額です

STEP1

不妊の原因を探るファーストステップ
初診検査

 

初診時には、問診・内診のほかに
クラミジア検査や経膣超音波検査などが行われます

 

一般的には、保険が適用されますが
保険適用外の自費検査もあるので確認しましょう

 

初診時

約5000円(保険適用)
クラミジア検査や経膣超音波検査、子宮がん検診など

 

月経3〜5日

ホルモン測定約4000円(保険適用)
LH(黄体ホルモン)、FSH(卵巣刺激ホルモン)、PRL(催乳ホルモン)など

 

月経7〜10日

子宮卵管造影約8000円(保険適用)
保険適用料金のほかに卵管造影用チューブや超音波料金が含まれます

 

月経12〜16日排卵日の頃

経膣超音波検査約1600円(保険適用)
自治体によってはつきに1回保険で2回目以降は自費になるところもあります
フーナーテスト約600円(保険適用)
男性が行う不妊検査、精液の量や精子の数、運動率などを確認します

 

月経20日排卵後

黄体ホルモン測定約1000円(保険適用)
排卵後の卵胞に形成される黄体から分泌される黄体ホルモンを調べます

 

月経の時期に関係なく行うもの

初回感染スクリーニング検査約1万円(保険適用外)
B型肝炎、C型肝炎、梅毒などの検査

 

精液検査約1500円(保険適用)
フーナーテストと同様のテスト

 

抗ミュラー管ホルモン検査(AMH)約8000円(保険適用外)
卵巣年齢を調べる血液検査、AMHの数値が低いと卵巣予備能が低いとされます

 

ステップアップしてタイミング法に進んだ場合の費用は次のページです

妊活費用ってどれくらい?妊活にかかるお金STEP2タイミング法